当たる占いと当たらない占いを見分けるためのコツ

そもそも占いとは何か?

当たる占いかどうかを見分けるポイント

まずは占い師としての経歴に注目しましょう。
占い師という仕事を選択した理由や、占いの技術をどのような方法で身につけたのか、そして占い学を何年学び、どのように技術を磨き続けているのかが重要なポイントといえるでしょう。
これらの経歴を公表している占い師ならば、信頼できます。

占い師と対峙したときの第一印象も大切です。
目を引くような派手な身なりや、相談者を不安にさせるような空間演出していないか、相談者を威圧するような話し方をしていないか。
占いというのは、相談者の悩みや心配を解決するための道筋を示すものです。
安心できる空間で、穏やかに相談者の話に耳を傾けてくれる占い師かどうかを見極めることが大切です。

そして鑑定結果を、的確な言葉で、わかりやすく伝えてくれるかどうかも重要なポイントです。
どっちつかずの曖昧な表現でごまかすことなく、具体的に鑑定結果を伝えてくれるかどうかを見極めましょう。

狙い目は、個人で長く続けている占い師

占いの鑑定料には上限も下限もありません。
すべて占い師自身が決めることができます。

しかし、鑑定料が高いから当たる占い師であるとは限りません。
低価格だから当たらないということでもありません。
注目すべきは、占い師として長く仕事を続けているかどうかという点です。

占い師という仕事を続けるには、当然お金はかかります。
しかし鑑定料を低く抑えていたとしても、当たるという評判が人気を呼び、相談者が次々と訪れるので、仕事は成り立ちます。

一方、鑑定料を高く設定している占い師の場合は、おそらく社会的に重要な立場の人が、ここぞという分岐点で力になってほしいと、頼りにしているのでしょう。
相談者の数は限られますが、それでも占い師としての仕事が成り立っているのであれば、その鑑定料に見合う結果を出していることになります。

また、個人経営の占い師は、個人の力量だけが試されます。
個人で長く続けている占い師が狙い目かもしれません。


TOPへ戻る